So-net無料ブログ作成

腸内環境とアレルギーとガスの話 [便秘解消法]

便秘に有効だと考えられている、腸内環境の改善。腸内環境を整えるには乳酸菌の摂取が良いとされていますが、乳酸菌を摂ることで、便秘解消だけではなくアレルギー対策になるという話もあります。

アレルギーというのは、免疫細胞が過剰に反応してしまうことで起こるものですが、一部の乳酸菌にはその免疫細胞の働きを正常に戻す作用があることがわかっています。

人間の抵抗力に関わっている免疫細胞は、カラダ中に存在しますが、その約70%は腸内に存在するとされています。

なぜ腸にそんなに集中しているのかというと、腸というのはあらゆるものが入ってくる場所であり、人体への入り口になっているからです。ここを病原菌などに突破されると感染のリスクが急上昇するので、きわめて厳重な警備体制がしかれているのです。

腸には病原菌やウイルス以外にもたくさんのものが入ってきますが、なかでも大量に侵入してくるのが食べ物です。

食べ物は本当に大量に運ばれてくるため、それに免疫細胞がいちいち反応していては困ります。そのため、経口免疫寛容というシステムにより、免疫細胞が食品には反応しないようにできています。

しかし、免疫細胞のバランスが崩れると、食品(アレルゲン)に反応して抗体が過剰につくられるようになります。そして、その抗体が食品アレルギーの原因になります。

つまり食品アレルギーとは、免疫システムが過剰反応を起こしてしまう現象なのです。

具体的にはTh1とTh2というヘルパーT細胞があり、この2つのバランスが崩れると抗体がたくさんつくられてしまったり、逆に免疫細胞の反応が鈍くなったりということが起こります。

乳酸菌には、この2つのヘルパーT細胞のバランスを整える作用があります。特定の乳酸菌を継続摂取することでヘルパーT細胞のバランスが整えられて、アレルギー症状が緩和するということが考えられます。

有名なものでは、カルピス社の発見したl-92乳酸菌がそのバランスを整える効果を持っているとのことで、その乳酸菌を含むアレルケアというサプリメントが販売されています。

いずれにせよ、アレルギー症状を抑えるためには、腸内細菌のバランスを整えて、免疫細胞が正常に働くようにすることが大事です。

腸内フローラを良くすることで、悪玉菌とそれらが発生させる有害物質(ガス)が少なくなり、お腹にガスが溜まるという症状が軽減されるというメリットもあります。ガス腹はお腹が張るからキツイですが、腸内環境を整えることで改善できるのです。

参考 : お腹のガスを出す!お腹の張り解消法

食生活や睡眠、運動など生活習慣を改善して、なるべく免疫力を維持向上できるような生活をおくっていくことが肝要なのではないでしょうか。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

男性の便秘対策に下剤はいらない! [便秘解消法]

男性の便秘には下剤を使わないほうが良い場合が多いです。というのは、男性の便秘はストレスに起因するけいれん性便秘の場合が多く、けいれん性便秘に対して刺激性下剤を用いると逆効果になってしまう可能性があるからです。

さて、まずは便秘の種類から説明します。便秘にはいくつか種類があり、女性に多いのが腸の働きが弱くなったり、腹筋が弱かったりすることで起こる弛緩性便秘です。

そして男性に多いのが、仕事やプライベートでのストレスがおもな原因となり、腸の働きが強くなってしまうことによって起こるけいれん性便秘です。

一般的に、男性は便秘よりも下痢が多いと言われています。実際に、ストレスによって下痢になる人も多くいます。しかし、下痢よりは少ないものの便秘になる人も一定割合は存在します。

どちらも原因は同じ場合が多く、ストレスによって腸がしめつけられたり、絞り出す動きになったりすることで、便秘になったり下痢になったりするわけです。

これを繰り返す症状を過敏性腸症候群といいますが、お腹の調子を整えるうえでいかにストレスが大敵であるかということがわかりますね。

便秘の種類と原因がわかったところで、なぜ便秘薬を使うのは良くないのかということですが、これはハッキリしています。市販の下剤の多くは、女性の弛緩性便秘に対処するためのもので、その作用は腸を刺激してぜんどう運動を促進するというものです。

上記で説明したように、女性の便秘の多くは腸の働きが低下して起こる弛緩性便秘であり、その対策としては腸を刺激する物質を腸内に入れてムリヤリ動かす、というものが主流です。

というわけで、市販の便秘薬は腸を刺激するもの。もともと腸の動きが鈍いのではなく、過敏になっているがために起こる男性のけいれん性便秘に対しては、無効どころか有害なのです。

というわけで、男性は下剤に頼らずに、ストレスを解消するための方策を考えるほうが良いです。どういうシーンでストレスを感じるのか、それを緩和するにはどうすれば良いのかということを考えていきましょう。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

ストレスと便秘の関係 [便秘解消法]

男性の便秘に多いのが、ストレス性の便秘です。

なぜストレスを受けると便秘になるのかというと、腸は自律神経がつかさどっており、ストレスによって自律神経が乱れると悪玉菌が増えたり腸のはたらきが正常になされなかったりするからです。

胃腸の動きというのは、自律神経によってコントロールされています。自律神経とは意思とは関係なくカラダの動きを支配している神経で、興奮時に優位になる交感神経と、リラックス時に優位になる副交感神経とがあります。

胃腸の動きは副交感神経がコントロールしているのですが、この2つの自律神経の切り替えがうまくおこなわれなかったり、どちらかに偏ったりしている場合に、胃腸の動きが悪くなってしまいます。

口からとりいれた食べ物は胃や小腸で消化されますが、ストレスを受けると胃酸がですぎたり、逆に必要なときにでなかったりして、消化がうまくおこなわれないことがあります。

そうして未消化の食べカスが腸に届くと、悪玉菌がそれを分解して有害物質をつくり、腸内環境が悪化します。ストレスでうまくぜんどう運動がおこなわれない状況でも便秘になりやすいのに、腸内環境が悪化するとなおさら便秘が起こりやすくなります。

というわけで、ストレスを抑えることは便秘予防、解消にとって非常に大事です。

男性は競争社会の中で日々たたかっているわけで、ストレスを大きく受ける状況にあります。帰宅後は音楽を聴いたりお風呂に入ったりするなどしてなるべくリラックスしたり、ストレッチや運動を取り入れたりしてストレスを軽減しましょう。

家族の存在も重要です。家族と話をしたり、一緒にご飯を食べたりすることでストレスは緩和されることがわかっています。

会社では激務に追われても、自宅ではなるべく楽しくリラックスした時間を送れるように、すこし肩の力を抜いて生きていきましょう。それが便秘対策にもつながります。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

ベンの便秘日記スタート [雑記]

はじめまして。長年の便秘に苦しんでいるベンといいます。わたしはもうすぐ三十路をむかえる男性なのですが、仕事上は一人前になってきたものの、体のほうはいまだに言うことを聞いてくれません。

とくに腸内環境のコントロールがうまくいっておらず、便秘と下痢を繰り返したり、慢性的な便秘になってしまったりということを何度も経験しています。

便秘の原因はおいおい書くとして、日常生活で何が困るかというと、とくに困ることはありません。たまに口臭が便臭になってしまったり、肌荒れの症状がでたり、食欲がわかなかったりするくらいです。

…あまり良くないですね。並べてみると。

便秘というのは女性がよくなるものだと考えられていますが、実は男性もけっこうなるんですよね。どちらかというとお腹をくだしている人のほうが多いイメージかもしれませんが、わたしのような便秘男子もなかにはいます。

どこかで見た統計では、女性は2人に1人、男性は4人に1人が便秘に悩まされているのだとか。そう考えると、自分は別に珍しい存在ではないのではないかな、と思うのです。

とくに男性に多いのが、ストレス性の便秘らしいです。ストレスを感じると、自律神経が乱れて、自律神経によってコントロールされている腸内の活動がうまくはたらかなくなり、その結果、便秘になるというわけです。

しかし、ストレスなんてみんな少なからず感じているものだし、ほかに理由があるはずですよね。

というわけで、わたしは最近、書籍などで便秘について学ぶようになりました。もうすぐ1人前の男として見られる年齢になるわけですし、腸内の問題のひとつやふたつ、きちんと解決しておきたいなと。

腸内環境の改善は免疫力の向上にもつながりますからね。体調管理の一環として、力を入れていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。